総合商研株式会社

商業印刷について

商業印刷は、一般の企業や団体の事業活動に使われる印刷物を対象とする分野です。
宣伝用印刷、業務用印刷に分ける事ができ、宣伝用印刷では、チラシ、パンフレット
リーフレット、ポスター、POPなど。業務用印刷では、カタログ、会社案内、マニュアル
社内報、名簿などが主な印刷品目です。

現在、印刷業界は、森林資源の減少、CO2排出、VOC問題などの環境問題。
インターネットや電子書籍など情報技術の発達にともなう広報や広告のあり方の変化など
様々な問題を抱えています。

そのような状況の中、当社では、水なし印刷や植物インキ、エコパルプを導入し
環境対策を、財団法人・個人情報処理開発協会の認定を受け個人情報保護への対策を
行っております。また自社一貫の生産体制による高品質・短納期・低コスト実現によって
お客様の期待にもしっかりとこたえていきます。

フレキソ印刷とは、主に水性インキとゴム・樹脂等の弾性のある物質で出来た版を用いる凸版印刷の方式です。版が弾力を持っているため平滑性の悪い紙や布などにも対応できる特性を持っています。

・・・つづきはこちら

ゴムや樹脂等の弾性のある版を使用した凸版印刷方式であるフレキソ印刷はダンボールやフィルムなど幅広い素材に対応が可能です。水性フレキソ印刷はこの印刷方式に水性インキを用いた方法です。

・・・つづきはこちら

旗状広告ののぼりは、戦国時代の幟が原型。風にはためいて遠方からでも目立ち、色や文字の視認性の高さが特徴です。その機能性は今に受け継がれ、優れた広告資材として活用されています。

・・・つづきはこちら

強力な宣伝ツールであるチラシ広告の効果を最大限に活かすには、特性を踏まえ、ポイントをおさえることが重要です。配布後は、継続的な反応測定システムを確立することが肝心です。

・・・つづきはこちら

パッケージは、製品の認知効果や視覚効果と、中身を守る保護機能を併せ持ちます。用途に適したパッケージは訴求力がアップします。特殊印刷は技術の向上で演出の幅が広がりました。

・・・つづきはこちら

水なし印刷とは、印刷をする際に、環境に有害とされている、IPAなどの廃液を出さない印刷方式です。水なし印刷では、水なし版を使うことで、現像処理後の排水をそのまま下水へと流せます。

・・・つづきはこちら

商業印刷の市場は年々縮小しています。月間で60の事業所がなくなっていき、2010年においては、約5パーセントに相当する市場が縮小されました。2020年にはピーク時の半分に...

・・・つづきはこちら

環境問題に配慮した印刷方法と言われている、フレキソ印刷機には、次のようなメリットがあります。★VOC(揮発性有機化合物)排出量の削減★コストの削減★ムダが少ない印刷

・・・つづきはこちら

オフセット印刷とは平版印刷の一種で、チラシや雑誌、カタログ等商業印刷物の印刷方法として広く普及している印刷方法です。ここでは、オフセット印刷の利点・デメリットを挙げさせていただきます。

・・・つづきはこちら

商業印刷で使用されている塗工紙の種類と特徴をご紹介させていただきます。塗工紙は紙の表面を白色顔料などで滑らかに塗布したもので、非塗工紙はその状態のままで使用し、上質紙・中質紙・更紙などが該当します。

・・・つづきはこちら

一般的な印刷物は、実際の印刷物が出来上がるサイズよりも天地左右を約3mm大きく作成します。印刷物を紙面の端まで写真を入れたい場合には、塗り足し処理が必要になります。

・・・つづきはこちら

このページの先頭に戻る