年賀状、喪中・年賀欠礼状の書き方やマナーをご紹介

  1. 年賀状のまめ知識
  2. 年賀状の基礎知識
  3. 年賀状のビジネスマナー(宛名の書き方)

年賀状のビジネスマナー

ビジネス年賀状は宛名の書き方が重要?

年賀状といえば、裏面にばかり気が向きがちですが、ビジネス年賀状においては表面、つまり宛名の書き方も大切です。相手に失礼にならないよう、しっかりと確認しましょう。

表書き見本

1.住所
住所が他都道府県の取引先や目上の方へは、都道府県を省略せずに書き出します。
縦書きの場合の数字の表記は、漢数字が一般的です。建物名などがあり表記が長くなるときは、住所より少し下げたところから、ひとまわり小さい文字で書くとバランスが取りやすいです。
2.会社名・所属部署
会社名は住所より少し下げたところから書き始めます。部署名は少し下げるのが一般的ですが、同じでも構いません。
3.株式会社は省略しない
社名に「株式会社」がつく場合は、(株)と省略せずに、必ず「株式会社」としましょう。有限会社、合名会社、合資会社なども同様です。
4.役職・肩書き
はがきの縦中央、名前よりもひとまわり小さな文字で書きます。役職や肩書きには敬称を付けませんので、「○○部長様」などといった書き方は間違いです。
5.名前と敬称
はがきの縦中央に大きめの文字で書きます。敬称は、個人に宛てる場合は「様」、会社や部署に宛てるのであれば「御中」とします。連名に宛てるときは、それぞれの名前に敬称を付けましょう。

このページの先頭に戻る