年賀状、喪中・年賀欠礼状の書き方やマナーをご紹介

  1. 年賀状のまめ知識
  2. 年賀状の基礎知識
  3. 年賀状の投函時期

年賀状の投函時期

元旦に届くように投函するには

12月15日から28日まで年賀特別郵便の取扱い期間となり、この期間に投函すると、元旦以降に配達されます。
本来、元旦に届かなくても、松の内(1月7日)までに相手へ届けば、失礼にはあたりません。ですが、近年は元旦に届くことが礼儀正しいとされる風潮があります。確実に1月1日に相手へ届けるには12月25日までには投函するようにしましょう。

会社宛に送る場合は、元旦でなくても構いませんが、先方の仕事始めまでには届くよう投函しましょう。

もし、1月7日に間に合わないようなら、年賀状ではなく寒中見舞いとして出しましょう。

このページの先頭に戻る