総合商研株式会社

株主の皆様へ

代表取締役会長 加藤優
代表取締役社長 片岡廣幸

当第2四半期連結累計期間における我が国経済は、新型コロナウイルス感染症に関するワクチン接種が進み、各種政策の効果もあり経済活動は回復の兆しが見られました。しかし、足元では新たな変異株ウイルスの急速な拡大により、景気の先行きは不透明な状況にあります。

広告業界や印刷業界においても、新型コロナウイルス感染症の影響により個人消費や企業活動が停滞したほか、デジタルシフト化が一層進んだことにより、紙媒体の需要が大きく減少しております。また、価格競争による受注価格の下落に加え、原材料費の値上げなど、依然厳しい状況が続いております。

当社グループにおいても、商業印刷事業、年賀印刷事業ともに受注量が年々減少傾向にあることに加え、商業印刷においては新型コロナウイルス感染症の影響が依然としてあり、売上高が減少となっております。

このような状況の中、当社グループにおいては総合的な販売促進支援事業者として、印刷事業を基軸としながらもデジタル媒体の活用を含めた販売促進の多様な提案強化や、新たな事業の収益基盤の確保に向けた取組みを行うとともに、引き続きコスト削減と事業資源の効率的な運用を図ってまいりました。

令和2年に本格稼働した新白石工場では、大型の案件にも対応可能なコールセンター業務の体制を整え、今期も引き続き当該業務の受注強化を図りました。当社の主力である年賀事業においては、前期に受注のあった年賀商品の未実施により売上高は減少となりましたが、今期新たに自動帯掛けシステム、自動段ボール梱包・ラベル貼りシステムを導入したほか、委託業務の内製化を行い、前期に引き続きコストの削減を実現いたしました。

今後も、当社を取り巻く経営環境は、一段と厳しさを増すことが予想されますが、総合的な販売促進支援活動を強化した事業展開を推し進めることにより、一層の業績の向上に取り組んでまいります。

株主の皆様におかれましては、今後も一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

令和4年3月